MinstreliX


MinstreliX
Takao (Guitar), Yui (Keyboard), Leo Figaro (Vocals), Mizuki (Bass), Ochoco (Drums), Yuki (Drums), Lola (Vocals), Shin-D (Bass)

2004年にTakao(Gt)を中心として結成。 結成当初から、当時大阪のインディーズ界では有名であったLeo Figaro(Vo)や、メロフェスに出演したMANDYLIONの元メンバーであるYui(Key)がいた事から、バントスタートの時点でかなり期待感のあるメンバーであった。 同年に初音源である「Thirst For...」を発表。当曲はインディーズバンドとは思えないずば抜けた完成度であった。 このThirst For...は、ミンストファンはおろか日本のクサメタル界ではすでに伝説とされている曲である。 そして、1st MaxiSingle「Lost Renaissance」を500枚限定で発表。4曲(1曲はインスト)収録ではあるが、全てが「Thirst For...」に負けず劣らない非常にメロディアスでドラマチックな展開であり、非常に高評価である。 当シングルは、販売量が500枚と少なく現在では手にいれる事が不可能に近い。時折オークションなどに出品される事もあるが、数万円の値がつく事もザラにあるほどの人気がある。 2005年、初代VoであるLeoが脱退。後に新Vo・Lolaと、Drums(Yuki)が加入。 2006年には新メンバーを迎えての初音源、2nd Maxi Single「Light casts a shadow」を発表。このアルバムからゴシックメタル的要素が出てくるようになるが、これには賛否両論がある。 その後精力的にライブを続け、2007年に1st FullAlbum「memoirs」を発表。 従来のメロスピ、ゴシックメタルにとどまらず、プログレ要素も持ち合わせるなどかなり幅広い音楽性を見せる。新しく進化したMinstreliXをファンに提示する事に成功した。 2008年には初めて東京へ遠征、2009年には2nd Album「Reflections」を発売。 これは限定生産などで入手しづらかったCDや、Leo時代の曲などをLolaがカバーする形で歌っている。 2009年ベースのShin-Dが脱退。同年Mizukiが加入し初の北海道遠征を成功させる。 2010年ボーカルのLolaが脱退。同年オリジナルメンバーでMarchen Station/Eyes Of Fenrir等で活動しているLeo Figaroが復帰する。同年西九条ブランニューでの初ワンマンライブを成功させる。なおこの時の動員数は同年ブランニュー全体の動員数の中で最も多かった。 2011年Leo復帰後初シングルRose Funeral Of Tragedyを発表。東京キネマ倶楽部でドラゴンガーディアン・ライトブリンガーらメロディックメタルバンドとスリーマンを果たす。 ドラムのyukiが脱退。同年マニピュレイテッドスレイブス等で活躍していたOchocoが加入。 同年3月Leo Figaro復帰後初のフルアルバム「テイルズオブヒストリア(Tales Of Historia)」を発表。 株式会社ア-ト・ユニオン (Art Union Corporation)と契約。 ウィークリーオリコンインディーズチャート18位に入る。 2012年ヤングギター4月号にてギタリストTAKAOのインタビューと奏法解説が成された。 2012年BURRN!4月号にてレビューが掲載されメリハリに長け、アグレッシブ感とプログレッシブ要素を含むスリリングな一枚であると好評を得た。 (以上、Wikipediaより引用) 2012年BURRN!5月号にてインタビューが掲載された[3]。 2012年アルバム"Tales of Historia"リリース。バンド史に残るヒットとなる。 2012年12月、2013年1月と二ヶ月連続で二部作となるシングルをリリース。 "Through the Gates of Splendor" & "Through the Gates of Death"というMinstreliXのメロディック&デスの両面を世にアピール。 2014年4月4thフルアルバム"CHRONOSTRINGS"を発表。 新たな側面も打ち出し前作を超えるセールスを記録。 そして2014年11月、伝説の名盤"Lost Renaissance"のリレコーディング盤をリリース。 限定盤と通常盤があり、限定盤は11・22のアストロホールワンマンライヴで先行発売となる。 またこの日のライヴはDVDとして発表することが決定している。.

MinstreliX(ミンストレリックス)は、関西を拠点に活動する、ドラマティックメタルを標榜するメタルバンド。通称「ミンスト」。 バンド名のつづりのMとXは大文字表記。 音楽性はメロディックスピードメタルを基本に置き、そこにハードロック・デスメタル・民族音楽・クラシック・ジャズ・ゲーム・アニメ音楽・歌謡曲などのさまざまの要素を混ぜたもの。 初期の頃は過剰なまでのクサメタルであったが、Lola加入以降はゴシック・プログレ要素も持つようになっている。 とはいえ以前のようなクサメタルアプローチもあったりと、まさに自称であるドラマティックなテイストである。 (以上、Wikipediaより引用・編集)

クサメロの伝道師として現代に生きる鋼鉄吟遊詩人。2014年4月にアルバム"CHRONOSTRINGS"を、そして2014年11月ついに伝説の名盤"Lost Renaissance"をリレコーディングしリリース。


Albums

Videos